便秘茶に使われる成分とその効果

便秘茶に使われる成分とその効果

便秘は女性に多く、改善するために便秘茶というお茶を使用する人もいます。
便秘茶には便通を良くすると言われる成分を含んでいるため、便秘茶を飲むだけで排便出来るものです。

便秘茶に含まれる成分の代表はセンナキャンドルブッシュの2つです。この2つは便秘に効果があるとしてお茶に含まれている事が多いものです。
センナは昔から便秘に効くとして知られていますが、どのようなものでしょうか。

キャンドルブッシュは便秘に効くとして、最近よく聞かれるようになりました。

 

センナとは

センナは古くから便秘薬として利用されてきました。
センナの茎の部分を使ったものがセンナ茶などとして販売されています。茎以外の部分は医薬品となるため、お茶などの食品に使われていません。

センナはお茶など食品化できる部分と、医薬品として使う部分と分けるほど効果が強いものです。
センナの特徴は即効性がある事です。その分野、腹痛などを感じる人が多いものです。

便秘茶に副作用は当たり前?主な副作用とは

 

センナ使用の注意点

センナは胃や腸で消化される事なく大腸まで届く事で、便秘に効果があります。

センナに含まれる「センノシド」という成分が腸を刺激して、ぜんどう運動させ便を排出させます。

センナは便秘改善に強い効果がある分、強い腹痛を伴う事が多いものです。年配や子供の使用は避けた方が良いでしょう。
それでも使いたい場合は薄めて使って様子を見ましょう。

また妊婦の人の使用は避けましょう。強い腹痛を伴う事があるためお腹に力が入り、流産などの危険があります。
便秘茶を使うなら刺激の弱いものを使いましょう。

食物繊維とハーブが原料の便秘茶を選んでみる

センナ茶は長期使用はおすすめできません。
長期使用はセンナ茶による腸のぜんどう運動に慣れてしまい、自然排便できなくなってしまいます。
便秘改善は、便秘茶の力を借りてもそれに頼り過ぎず、自然排便できるようにする事が大事です。

 

キャンドルブッシュは医薬品と同じ成分?でも食品扱いの謎

キャンドルブッシュは多くの便秘茶に使われている、便秘に効果のある植物です。
南アメリカ原産のマメ科の植物で、便秘に効果があると言われています。
実際の効果や安全性についてはデータがないとの事。(国民生活センターより)

同じく便秘に効果のあるセンナは、茎の部分は食品扱いのため加工して販売されており、それ以外の部分は医薬品(下剤)とされています。
医薬品は食品に入れる事が出来ないため、認められている茎の部分がお茶に使われています。
茎以外は効能が強いため、医薬品扱いになっているのです。

センナには下剤の効能のあるセンノシドを含み、その成分で便を排出させます。

 

医薬品と同じ効能

キャンドルブッシュにもセンナに含まれるセンノシドが含まれています。そのため排便させる力が強く、便秘改善に効果があります。

キャンドルブッシュは下剤効能のあるセンノシドを含んでいますが、医薬品ではなく食品扱いになっています。
そのためお茶などの食品に入れる事が出来るので、便秘改善をうたう物に含まれることが多いのです。

怖いのは原材料にキャンドルブッシュと記載されていても、どのくらい含まれているのか記載されていない事です。
その結果、効きすぎたりして腹痛や下痢を起こす事が報告されています。

 

2~3杯で服用量を超える?

医薬品下剤に含まれるセンノシドの一回の最低服用量は12㎎。
キャンドルブッシュを含む便秘茶を調べた所、2~3杯飲むとセンノシドの一回の服用量を超えてしまう可能性があるとの事。
便秘茶の中には1杯で12㎎に近いセンノシドを含む事も分かっています。(国民生活センターより)

キャンドルブッシュを含む便秘茶すべてに当てはまる事ではありませんが、2~3杯飲むだけでかなりの下剤を飲んでいるのと同じ状況になるのです。

便秘茶を便秘改善で使う時、1日何杯飲んでいますか?何杯も飲んでいたら、それは下剤をガブガブ飲む事と同じなのです。

キャンドルブッシュを含む便秘茶を使う場合、記載されている摂取量の目安を信じず、まずは少ない量で飲む事をおすすめします。

こちらのサイト、美爽煌茶でも書かれているように、食品として便秘には効果をうたえないところではありますが、実際はかなり効果があるものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です