便秘茶を使い続けると腸内環境が悪化し粘液便が出る

便秘茶を使い続けると腸内環境が悪化して粘液便が出る

便秘茶を使うと粘液便が出るという人がいます。

粘液便とは便に粘りがあったり、便に粘着物が付いていたりする状態で、便器に付きやすい特徴を持っています。
粘液便は腸粘液が関係しています。
腸粘液は、腸から分泌され便をコーティングして排出させやすくするものです。

粘液便は、腸粘液が過剰分泌され便と混ざり合い粘りが出たり、便に付着する事もあります。

 

色のよっては重病の可能性も?

腸粘液は通常は白っぽい色をしています。白い粘液便の場合は特に問題はありません。また、黄色や茶色の場合も問題はありません。
粘液便には白っぽいもの以外にピンク色、緑色、赤黒い色、粘血便があります。

ピンク色の粘液便は、肛門に異常がある場合に出る事があります。
異常と言っても主に痔で、硬い便による切れ痔などが原因で、異常が改善出来れば粘液便も治まります。

緑色の粘液便の緑色は、胆汁に含まれる色素が酸化した為です。
赤ちゃんに多く、大人でも時々緑色の粘液便が出ますが特に問題のない便です。

赤黒い粘液便は、大腸の炎症によるものとされています。
大腸の炎症には、潰瘍性大腸炎や過敏性腸症候群が考えられるので医師に診断を受けてください。

粘血便は便に血液が混ざっている状態です。
痔による場合もありますが、大腸の異常も考えられるので医師の診断を受けてください。

 

粘液便はなぜ出るの?

腸粘液の過剰分泌で起こる粘液便は、腸が過剰に働いているのが原因です。
腸が過剰に働く原因は大腸の異常がほとんどですが、便秘茶を使っている人は便秘茶が原因とも考えられます。

便秘茶は効果の強いものだと、強引に腸にぜんどう運動させて排便するので腸は過剰に働きます。
粘液便は腸粘液が過剰に分泌され、便と混ざり合ったり付着して出てくるのです。

また便秘茶を使い続ける事で下痢になったり、正常排便出来なくなるなど腸内環境は悪化します。

便秘茶に頼った排便に潜む危険とは

腸内環境の悪化も粘液便の原因の1つです。
便秘茶による下痢で便が排出され、過剰に分泌され残った腸粘液だけが出て来る事もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です