授乳中に便秘茶を飲んでも良いの?

授乳中に便秘茶を飲んでも良いの?

授乳期間中に便秘になり、便秘茶を使って改善しようとする人は多いはず。
どこにでも販売されていますし、手軽に出来ますし、お腹に赤ちゃんはいないしと使ってしまいがちです。

便秘茶を使っても出産後は赤ちゃんに影響は少ないと言われています。
ただ、母乳育児をされている場合、自分の口にしたものは100%ではないですが母乳を通して赤ちゃんにも伝わる事を考えましょう。

 

赤ちゃんが下痢に?

便秘茶に含まれる成分が赤ちゃんに伝わったとしても、大きな影響はないと思われます。
ただ便秘茶の効能である、排便させる成分により赤ちゃんが下痢になりやすくなると言われています。

赤ちゃんはデリケートです。もし便秘茶を使うなら、母子ともに安心して使えるものを選びましょう。

食物繊維とハーブが原料の便秘茶を選んでみる

授乳中は赤ちゃんの栄養を与えるためにたくさん食べます。出来るだけ食事の内容に気を付けて便秘改善するのが望ましいです。
それでも便秘茶を使うなら、即効性のある強いものは避けましょう。

強いものには授乳中に限らず、体にとって良くない成分を含む事があるので使わないようにしましょう。

 

成分に注意する

便秘茶と言えばセンナキャンドルブッシュを思い浮かべますが、これらは効果が強すぎるので使用は避けましょう。

センナに含まれるセンノシドは下剤に使われるほど効果が強いもので、医薬品として扱われています。

便秘茶に使われる成分とその効果

キャンドルブッシュは医薬品ではありませんが、センノシドを含んでいるため下剤と同じ効果があり、使えば赤ちゃんにも影響が出る可能性があります。
便秘茶を使うなら成分に注意しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です