妊娠中に便秘茶を飲むなら成分に注意する

WikimediaImages / Pixabay

妊娠中に便秘薬を飲むなら成分に注意する

妊娠中は便秘になりやすいものです。
改善したいけど薬を使うのは怖いし、お茶なら・・・と思って使う人も多いはず。
お茶だからと言って安心は出来ません。お茶にも妊娠中に控えるべき成分が含まれている事があるので注意が必要です。

自分が口にしたものはお腹の赤ちゃんにも運ばれます。自分にも赤ちゃんにも安心な便秘茶を使いたいものです。

食物繊維とハーブが原料の便秘茶を選んでみる

 

避けるべき成分

お茶だからと言って何でも良いわけではありません。妊娠中に使用するなら次の事に注意して選ぶと良いでしょう。

センノシドを含むもの
・カフェインのもの
・カテキンの多いもの

センノシドは下剤系の刺激の強い便秘茶に含まれている事の多い成分です。
センナという植物に含まれる成分で、効果が強いため植物の一部は医薬品扱いになっています。下剤とほぼ同じ排便の効能があります。
妊娠中は禁忌となっている成分です。
センノシドは便秘茶に多く使われるキャンドルブッシュにも含まれている成分です。

便秘茶に使われる成分とその効果

カフェインは精神刺激薬と言われ、覚醒作用(眠気覚まし)や利尿作用などがあり妊娠中は控える成分とされています。

カテキンは緑茶などに含まれる成分で、葉酸の吸収を抑える働きがあります。

赤ちゃんへの影響

センノシドは下剤とほぼ同じ効能を持っています。
腹痛や胃痛を起こしやすく、また強引に腸のぜんどう運動を起こさせる事が子宮収縮に繋がる可能性があります。
子宮収縮は早産や流産のリスクが高まります。

カフェインはコーヒー、ココア、紅茶、緑茶など日常的に飲む物に含まれています。
カフェインを多く摂りすぎると、流産のリスクが高まると言われています。
1日1杯程度なら問題ありませんが、出来るだけノンカフェインの飲み物で頑張りましょう。

カテキンは緑茶に含まれる健康成分の1つです。しかし妊娠中は避けた方が良い成分なのです。
カテキンは、妊娠中に必要な葉酸の吸収を抑えてしまうのです。
葉酸の不足は、特に妊娠初期は赤ちゃんに先天性障害が起こる可能性があります。
カテキンを摂ってしまった時は、葉酸を多く摂るなどの対処が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です