便秘茶に頼った排便に潜む危険とは

 

便秘茶に頼った排便に潜む危険とは

便秘薬は手軽に出来る便秘改善法として、使用する人も多いです。

含まれる成分にとっては即効性があり、何とかしたい便秘に効果を発揮してくれます。

正しく使えば便秘改善に役立つものですが、間違った使い方をすると体に危険を及ぼしてしまいます。

 

依存症

便秘茶を使って排便できると、誤った考えを持つ事があります。「便秘茶で出せばいい」という考えです。

便秘茶は様々なものが販売されており、効果の強弱はあるもののほとんどのものに効果があります。
出なかった便が便秘茶を使って排便できると、特効薬が見つかったとばかりに頼り切ってしまいます。

そうすると便秘茶を使わないと便が出なくなったり、便秘茶の効能に体が慣れ排便できなくなります。

便秘茶に副作用は当たり前?主な副作用とは

排便できないと過度に使用したり、より強力なものを使うようになります。

便秘茶に依存してしまうと、正常な腸のぜんどう運動が出来なくなるなど副作用が出てきます。

 

大腸メラノーシス

大腸メラノーシスは、刺激の強い下剤を長期間使い続ける事で起こる大腸の異常です。

大腸メラノーシスは下剤だけでなく、強い便秘薬や便秘茶にの長期間の使用でも起こると言われています。
大腸メラノーシスに自覚症状はなく、気付きにくいですが便秘が悪化してきたら疑った方が良いでしょう。

大腸メラノーシスは大腸の粘膜細胞が傷つき黒ずんでしまいます。さらに大腸の働きが止まるので、便を排出できず便秘が悪化します。
毎日、強い効果の便秘茶を使う事でも起こる可能性があります。

大腸メラノーシスは使っている下剤をやめれば、1年ほどで治ると言われています。
大腸メラノーシスにならないためには、便秘茶の依存症にならない事と、正常に近い排便になるように、上手に使う事が必要です。
また、効果は弱いけど安心して使えるものにするのもおすすめです。

食物繊維とハーブが原料の便秘茶を選んでみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です