便秘茶による胃痛の原因と対処法

便秘茶による胃痛の原因と対処法

便秘薬を使用する場合、副作用として胃痛を挙げている事があります。

胃痛は、みぞおちの辺りが痛むのが特徴です。
みぞおちはおへその上で肋骨の下のラインの交わる辺りで、くぼんだ所です。この部分が痛む時は胃痛です。

腹痛はおへそを中心に腹部全体が痛みます。痛む場所は違いますが、胃痛も腹痛としてくくられるようです。

 

胃痛の原因とは

胃痛の原因は次のようなものがあります。

・自律神経の乱れ
・刺激の強い物の摂取
・ピロリ菌

便秘茶を使用して胃痛がおきる時は、刺激の強い物(効果の強い便秘茶)の摂取にあたります。
便秘茶は含まれる成分にもよりますが、出なくなった便を強引に出すため刺激は強いと思われます。
その強い刺激が胃痛を引き起こす事があるのです。

 

胃痛を引き起こさないためには

胃痛が強い刺激によって起きるなら、刺激を弱くすれば胃痛は抑えられるでしょう。
便秘茶は濃さを変えられますから、胃痛がおきないように薄めたり飲む回数を減らしたりしましょう。

胃痛が起きると胃は正常に働きません。そうなると食べた物を消化できずに消化不良となり、便秘が悪化してしまう事になります。
便秘茶を使用して胃痛を感じたら、便秘茶の飲み方を変えてみましょう。
記載されている飲み方がすべての人に合うとは限らないので、自分に合った飲み方を探す必要があります。

また刺激が少なく、便秘に効果のあるお茶もあります。
センナキャンドルブッシュよりは効果は落ちるかもしれませんが、胃に優しいお茶です。

食物繊維とハーブが原料の便秘茶を選んでみる

便秘茶は便秘に効果のあるものです。上手に使って便秘改善してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です